バイオニックティーチャー・ジェミー Vol.4

jemmy04

 3巻のあと、1巻に戻って描き直すという暴挙(愚挙ですね、どっちかというと…)に出て、6年かかってようやく3巻を追い越して4巻を出すことが出来ました。文字通りの最新刊です。
 長い間、旧1巻や旧2巻がない歯抜け状態でコミケに出ているのが辛くて、描き直すのをやめよう、表紙替え程度で再販しようかとか、途中で挫けそうになったりもしました。趣味の同人誌とはいえ合理的とはほど遠い行為をやってしまったものですが、やっぱりやり通して良かったと思います。
 本編の内容ですが、この作品は、面白いと思ってもらえるかどうかは別として誰が読んでも内容はわかる、ということに気をつけて描いてきたつもりです。今回はその自主ルールを少し緩めてストーリーの題材やアイテムの選定などに趣味を出して描いてみました。

<2010/01/09追記>
 この4巻で竜堂というオッサンを出してみたわけですが、これは最近のマンガやアニメでオッサンが出ることが少ないのが不満で、それがこの4巻に反映されています。
 以前はガンダムやボトムズではオッサンばかり出ていて、それが画面に厚みを加えていたんですけどね…。
 竜堂というキャラを狙った通りの動きをさせているか、自分の技量では心もとないのですが、その辺りのことも読み取っていただけたら幸いです。

  • サイズ A5サイズ
  • ページ数 36P
  • 初版 2007年8月18日
  • 印刷所 大陽出版

4巻「立ち読みページ」→