キャプテン・スカーレット エピソード

エピソードHOME 前のページ 次のページ

31話 「原子炉爆発寸前

北アメリカをねらうと予告。
ソマーズ博士の作った原子炉が狙われる。追跡戦闘車の実感たっぷりの動きに見入ってします。そしてラストの原子炉の最後のケーブルを引き抜くとき、「37番を抜け」とだけ指示を与えるのですが、それだけでラストのヘリの激突シーンが間に合ったのか間に合わなかったのわかりにくく、今回も失敗しちゃったのかと誤解しそうです。で、セリフを「37番、それで最後だ、スカーレット!」とでもすればより最後の迫力ある爆破シーンが生きてくるのではないでしょうか。