キャプテン・スカーレット エピソード

エピソードHOME 前のページ 次のページ

30話 「大統領を守れ

大統領を暗殺すると予告。ここでひとつツッコミを。この話のミソは「プレジデント」を人間の方だと思わせつつ、実は船だということ。原語ではどちらもdestroyなのだが、吹き替えでは「大統領を暗殺」としてしまっているので脚本の意図がすっきり伝わってないのが惜しい。ラストの爆破シーンの迫力が素晴らしい。世界政府大統領は1話に出たが、この「大統領」はアメリカの大統領のようで、ユニトロン戦車の回の地球防衛軍司令と同じマリオネットを使ってる。4話から30話の間に選挙でもあったのでしょうか。そんな想像も膨らみます。