キャプテン・スカーレット エピソード

エピソードHOME 前のページ 次のページ

3話 「鐘は13鳴った!

ミステロンはロンドンを破壊すると予告。
核爆弾を積んだトラックをミステロンのロボットになった○○に奪われた。
スカーレットとブルー大尉はトラックを追跡。地下深くに掘られたシェルターに核爆弾を運び込むことが出来た。
何故、場所が分かったかというコンチェルトの問いに、スカーレットは「鐘が13回鳴ったのは音の伝わる速度とラジオ放送のから聞こえる音がずれて聞こえたから」と説明。
ラストシーンで4人がレストランで夕食を食べているのですが、その4人の格好がタキシードだったりドレスだったりと正装なんですね。それがまた格好よくて。
主要スタッフに女性(シルビィア)がいるとこうも違うのかと関心してしまったエピソードです。
(夕食を食べているシーン)